読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由帳

軍事系の話題について書いていきます。

イージス兄弟 迫真の防衛

今回は「弾道ミサイル防衛」とその一環で導入を期待されている陸のイージス艦「イージス・アショア」について解説します。

 

イージスシステムって何

f:id:Thermiteeeee:20170507185145j:image

画像は海上自衛隊:ギャラリー:護衛艦(艦艇):こんごう型 (DDG"KONGOU"Class)より

ニュースなどで「イージス艦」と聞いたことがありますか?

このイージスとはイージス武器システム(Aegis Wepon System)のことで、米海軍が「ミサイルが大量に飛んできたらどう艦隊守るんだよ」というコンセプトで開発しました。

元はギリシャ神話の最高神ゼウスが娘アテナに与えた盾「イージス」が由来です。

このイージスシステムを搭載している艦艇のことをイージス艦といい、日本は6隻保有しています。ちなみに米海軍は85隻…やっぱすげぇよ…

イージス艦は頭と目がとても良く、特徴的な八角形のSPY-1レーダーは4方に取り付けられているので全方向監視可能最大探知距離は約450km以上200個以上の目標を追尾、そして優れた情報処理能力のおかげで同時に10以上の目標に対処可能です。

そして日本のイージス艦6隻のうち4隻が保有しているのがBMD能力(Ballistic Missile Defense)といい、弾道ミサイルを迎撃可能な能力です。

残りの2隻も追尾、捕捉は可能です。

 

弾道ミサイル防衛ってどうなの

現在、日本の弾道ミサイル防衛

  1. 目標が宇宙空間を慣性飛行(ボールを思いっきり真上に投げて最頂点付近でゆっくり飛んでいる)しているときに海上自衛隊イージス艦がSM-3ミサイルを発射し迎撃
  2. SM-3が撃ち漏らした場合、再突入してきた目標に対し航空自衛隊PAC-3 ペトリオットシステムが迎撃 射程約20kmと少し心もとない…

f:id:Thermiteeeee:20170507194307j:image

画像は主要装備 ペトリオット|防衛省 [JASDF] 航空自衛隊より

という2段構えになっています。

特に再突入し落下してくる弾道ミサイルの速さはおよそ約マッハ20(約7km/s)、この速度で落下してくる目標を迎撃するのはとても困難となります。

そこで「もっと弾道ミサイル防衛を安定させようぜ」と政府も検討し始めたのが陸のイージス艦「イージス・アショア」です。

 

期待のイージス・アショアくん

f:id:Thermiteeeee:20170507195045j:image

f:id:Thermiteeeee:20170507200234j:image

イージスシステムは何度も改良されてきたシステムで信頼性がとても高く、画像の通り米海軍のイージス艦「アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦」のSPY-1レーダーやミサイル垂直発射装置などを使用しているので外見も艦橋そっくりです。

価格は約8億ドル以上(約900億円以上)かかりますが、弾道ミサイル防衛と限定した観点だとイージス艦の約1,200億円より安価で人手も少なく済みます。高いんですけどね…

隠れた特徴がおよそ120日あれば移設可能という点で、米軍は本土のニュージャージー州での試験後に分解し、現在は移設したハワイのカウアイ島で試験が行われています。

 

迎撃範囲は日米共同開発のSM-3 ブロック2Aの場合で射高約1,000km、射程約2,000kmなので東京に配備すると十分に日本をカバーすることができます。

現在はルーマニアで運用が開始、ポーランドに建設予定なのでヨーロッパでは2基の運用となっています。

 

イージス・アショアは価格や能力などまだ問題がありますが、弾道ミサイル防衛の一環として優秀だと感じました。

コスト面を無視すればイージス・アショアの他にTHAADミサイル(終末高高度防衛ミサイル)の導入も良いのかと。

まぁ何にしろ最大の敵は予算ですね。